×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電報 文例

スポンサードリンク

電報の文例とは

Eメールや携帯電話が普及している昨今。

 

知りたい情報はすぐにでも検索可能で、連絡を取りたいと思えば、すぐに相手に連絡がつく、とっても便利な世の中になった。

 

今でこそ、冠婚葬祭の祝電や弔電用として使われる時に見聞きするぐらいだが、電話がなかった時代、もしくは電話料金がとても高かった時代には、緊急連絡の手段として
電報は非常によく用いられていた。

 

電報とは元々、アメリカのモールス信号を用いた伝達法から発展したもので、現在では2時間受け付けされており、電話やインターネットで簡単に申し込んで、送ることが可能である。

 

電報を取り扱っているサイトもあるようなので、自分や相手の好みに合わせた、
オリジナルの電報が作成できる。

 

電報文例には様々なものがあり、その用途(お祝いやお悔やみなど)によって色々と使い分けがされているようだ。

 

ちなみに、電報文例をネットで検索すると、文字数や送る相手の好み、はたまたビジネスシーン用など、自分が電報を作成する上で参考となる文例がきっと見つかるだろう。

 

電報を海外へ送ることが出来る業者も存在するようで、私が調べただけでも英語版の電報文例もがたくさん見つかった。

 

電報を取り扱うサイトによっては、リストアップされた文例をそのまま選んだ台紙と組み合わせて送るだけという、便利な機能もあるようなので、電報を使う機会がある場合には、一度目を通してみるのも悪くはない。

 

また、電報文例を検索してみれば分かると思うが、電報を作成する上でのマナーもある。

 

例えば、お悔やみ用の電報を作成するとしよう。

 

そういう場合、「重ね重ね」、「度々」と言った、「繰り返される」ことを連想させてしまう言葉は避けなければならない。

 

これはほんの一例に過ぎないが、こういったマナーも踏まえた上で、相手に心のこもったメッセージを伝えたいものだ。

コンテンツ一覧

スポンサードリンク